登入 首頁

bigbangbang@OnlyPET

2016.09.30
昔は昔、もう、心はもうない

思いは遥期、黙々として痴、愚かな情、昔はかつて、その心はとっくにあなたのためにできないことができないかどうか……
---題言
素月そっとぼんやりチュール巻き付いて、いつもあなたが目に涙の時、遠く君の顔を見たいまたあの緑の美しい景色。淡年一如煙、淡いむせるように落ちない人間臭いあの仏陀の哀愁あなたに付き添ってそっと静かな時間に馬鹿で泣いて。
無痕の記憶、それは、ある痕肌肉 脂肪 比例跡、それを停止することができないことを停止している心房の心房の中、心痛、心痛、としても、空白の脳裏に住んでいない。
風冷マイクロ灰褐色の空から、そっと窓掛りの風鈴を彷徨う私の週りに清らかに冷たく、かつてただ寂しいかもしれない執着して、小さな枕席の上を持って、少し古いイヤホンが大好きなので、聴き感傷の音楽は、なぜか心が寒くて、瀋黙したくない誰に訴えたい言葉、心はただ悲しみに流れて。
窓の外の秋葉はラインの凧を切断して、いつも揺れている。
清秋の寒さは、こんな冷たい。私の1杯の精巧なの馬鹿念燈、奥深いさま空っぽで見つめ紅塵の向こうには、分からない、悲しみも銘記引き留め、寒さの布団の上で登って、1本のペンを握り散るない新しいノートに何を殘して、日記の中の傷、火ともしごろ、寒い夜例えば霜の夜、だけがかつて同情のしようがなさを殘して。
曇りの空に落ちる雫の恨みをいだく嘆きの相思の涙、私に耳栓をして半分の間はやっと発見します私あなたの恋しい思いに対しては薄れた点。そっと指の股の中から流れる時、少し跡も殘っていない、なぜあの過去の昔はそんなにはっきりして、なぜあなたの恋しい思いに対してになってからいくつかの愁砕砕念諄い。甘い甘い、愛の悲しみも風にする。
秋風の雄叫び、深い真っ白くの雲、紙のページが折れて悲しみ、手のひらに握っているペン、からからの紙のページにはまだ悲しい2つの字を発見することを発見します。
ファンはひっきりなしに回転、冷たい風が吹いてまばらで、これまで私がどんなに寒くて、暖かい瑩涙、蕭条乾かす風持you beauty 黑店っていって、ぼんやり夢、ぼんやりしたあなたは、過去のことなど忘れたかも、だったかもしれない美しさと、それは昔のしたで。夢は覚めて、ただあなたはこの夢はどのくらい知っています。瀋黙、逃げる、逃げる、思い出、誰かには思い出したくない事、誰が毎日目が覚めて、真っ白くの壁に向かってあなたは一回目が覚めるのを思い出したいと思っています。誰も心の底には宿願を秘めている、ただあなたに会いたい。
茫漠とかつて、私はあれらの余暇の真実に直面したくなくて、私はただ首の歌を聞きたくてあなたを懐かしむ。
軽い咳声声に寒い.劣風の中で、窓の外は騒がしい音耳でない瀋吟する、落葉愚秋を繰り返して、暗い空浮かんであれはちくちくとひそかにの雨。どんな困難に成雪香りが散る、秋の美しいだけでは、冬の雪が敷かは時の寒い。
私の小さな枕席の上に横たわって、白い壁に向かってあなたを想うマイクロ渋い笑顔、私は今すべて苦いと笑って、それらは私に属しません。カーテンを通して暗い光、小雨が薄い霧煙池の枯れ葉も雨が打ち波動のさざ波、そっとの風をたたき始めそのを落ちる木の葉。
ただ私がわからない雨の思い、更にわからない落葉の彷徨、私しか知らない哀は怪我を釈放し、悲しみでうろうろして、美しい吟吟軽くなって歌う。私は、私の心には、雨のように、葉の不況を考えていると思う。
落花撒き散らすは秋雨血にまみれ血の涙を。
昔は懐you beauty 黑店かしさじゃなく、深く銘記していた。

拍拍手留言